更新 公開
転職エージェント

転職エージェントのメリット・デメリットで得する人、損する人

転職エージェントは転職者にとって非常にメリットの大きいサービスですが、同時にデメリットも存在します。
そこでこのページでは、エージェントを利用するかどうか迷っている人に向けて、転職エージェントのメリット・デメリットを理解していただいた上で、どんな人が転職エージェントを利用すれば得をするか、逆にどんな人が損をするかについて解説していきます。

転職エージェントのメリット、デメリット

まずは、簡単に転職エージェントのメリットとデメリットについて説明します。
それぞれに詳細は別ページでも行っていますので、記載した内容をより詳しく知りたいという方は、そちらもご確認下さい。

6つのメリット

転職エージェントを利用する場合に得られるメリットは次の6つになります。

  • 転職のプロがキャリアの相談にのってくれる
  • 求人を効率的に収集できる
  • 応募企業の裏側を知るエージェントのアドバイス
  • エージェントが企業にあなたを強くプッシュしてくれる
  • ストレスが高い企業との連絡や交渉を代行してくれる
  • 質の高い求人を紹介してくれる

大きくまとめるとキャリア相談やアドバイスなどエージェントの助言に関するコト、効率的かつ質の高い求人を紹介してもらえるコト、内定を得るための転職活動サポートという3つ分類できます。

特に、エージェントが企業にあなたを強くプッシュしてくれるコトは自分1人で転職活動をしている方は得られないメリットであり、応募条件に満たない場合や企業が採用を迷っている場合でも、書類通過や内定獲得になる場合があります。

さらに、質の高い求人に関しては企業が転職エージェントのみに依頼した非公開求人が数多くあります。これも、自分1人で転職活動をしている方は得られない大きなメリットです。

転職エージェントを利用する6つのメリットについて詳細を知りたい方は、次の記事も参考にして下さい。

初心者必見!転職エージェントの6つのメリット

3つのデメリット

次に転職エージェントを利用するデメリットは次の3つです。

  • 転職エージェントは相性が重要
  • 自分のペースで転職活動ができなくなる
  • 悪徳エージェントは存在する

先に述べたメリットはエージェントがいるからこそ得られる内容でしたが、デメリットについても第3者が介在するからこそ発生する内容であると言えます。

エージェントと転職者、正に人と人のつながりがあるからこそ、相性によってはデメリットが発生します。
仕事においても相性が合わない人と行えば、どうしてもストレスやパフォーマンスの低下を招いてしまいます。そして、エージェントを信頼するからこそ転職活動のペースに関して主導権を持てなくなる可能性もあります。

さらに注意する点は、転職エージェントの中には紹介の報酬のみを目的とした悪徳エージェントもいるというコトです。

これらのデメリットについては、転職者にとってはエージェント利用を避ける大きな理由となりますが、それぞれに対策を立てればデメリットを上手くさけることが可能です。

転職エージェントを利用する3つのデメリットについて詳細を知りたい方は、次の記事も参考にして下さい。

事前に知って賢く利用!転職エージェントの3つのデメリットとその対策

以降では、これら6つのメリットと3つのデメリットを知った上で、実際に転職エージェントを利用して得する人と損する人について解説していきます。

転職エージェントを利用して得する人

エージェントを利用して得する人というのは次のような人です。

  • 転職の目的がある人
  • 将来に向けてキャリアを考えたい人
  • 転職活動に対する課題がある人

それぞれ解説していきたいと思います。

転職の目的がある人

まず最も重要な点は転職の目的があるというコトです。
当たり前のように感じられるかもしれませんが、これが曖昧な人が意外と多いです。

では転職の目的とはどのようなものなのでしょうか?
それを知るには転職したい理由である、今の仕事や会社に対する不満を知るコトが重要です。
多くの転職者が抱える仕事や会社への不満は具体的には次のような内容です。

  • 残業が多い為に自分の時間が持てず肉体的にも疲弊している
  • 仕事内容や同年代との比較において給与が低い
  • 単調な仕事ばかりでスキルが身につかず将来を考えると不安
  • 若くても裁量がある仕事を行うコトで経験を積みたい
  • 上下関係や根回しを重視する企業文化が自分には合わない

ポジティブな理由やネガティブな理由など様々ですが、これらの不満を解決するコトが転職の目的であると言えます。
上記の理由が全く存在しない人は少なく、度合いにもよりますが誰かしら仕事や会社に対する不満は持っています。

ただその不満が強いわけではなく何となく転職という選択肢もあるな、という曖昧な理由で転職活動を行うと上手くいきません。
転職エージェントは転職者の活動をサポートするわけですが、それには転職者とエージェントが転職の目的を共有するコトが重要だからです。

逆に、この転職の目的が明確でそれをエージェントと共有できればキャリアプランの提案、求人紹介、応募書類や面接の対策・アドバイスといった全てにおいて、あなたに合ったサポートを行ってくれます。

転職の目的がある人は、ぜひ転職エージェントを利用すべきです。

将来に向けてキャリアを考えたい人

転職の目的は曖昧でも、自身のキャリアを真剣に考えたいという人にとっては転職エージェントの利用はおすすめです。

その理由として、将来に対してキャリアを考えたいという人の多くは、目的意識を強く持っている方が多いからです。
仕事を通じて人間としても成長したい、豊かな生活を送りたい、人生におけるやりがいを持ちたいといった内容です。

ただ、具体的にどのようなキャリアを築くべきか、その為にはどのような仕事をどんな会社で行うべきかがわからないのです。
新卒入社からずっと同じ会社で働いていれば、日々の職務に追われ5年後、10年後の自分を考えることは難しいですし、多くの人は転職事例や転職市場についての知識が無いために、考えるきっかけやヒントが無いのです。

そのような、具体的な転職の目的があるわけでは無いが、将来に向けてキャリアを考えたいと思う方にとっては、転職エージェントにキャリア相談をすることは、これからのキャリアの方向性を知る良い機会になります。

もちろん転職をしないという結論に至ることも多いです。
しかし将来に向けたキャリアの方向性を知るだけで、日々どのように仕事を行っていくかをはじめ異動、転勤、出世、結婚といった仕事や人生の節目で決断をしなければならない時の大きな指針になります。

あなたが、将来に対するキャリアを考えているなら転職をするかどうかは別としても、転職エージェントに相談をすることは重要です。

転職活動に対する課題がある人

自分自身で転職の目的を明確に理解していたとしても、現実的に転職者企業の内定が手に入らなければその目的は達成できません。

特に転職活動はキャリアの棚卸しから、自身が望むキャリアプラン、キャリアプランに合った求人探し、応募する企業についての研究、職務経歴書を始めとした応募書類の作成、内定を勝ち取るための面接対策など行うコトは山積みです。

これら転職活動について熟知し、実際に行動に移し、内定を獲得するには方法論とノウハウが必要ですが転職経験が少ない方が結果を出すには相当にハードルが高いです。

そのような転職活動における具体的な課題がある人にとっては転職エージェントのサポートは非常に効果的です。
特に次のように転職活動に具体的な課題を持つ人はぜひエージェントの利用を検討すべきです。

  • 求人サイトを見てもなかなか良い求人が見つからない
  • 自分の経験でどのような仕事や企業に応募が可能か知りたい
  • 日々の仕事が忙しくて職務経歴書の作成や面接日の設定が難しい
  • 選考を通過するための職務経歴書や面接について不安がある

転職エージェントを利用して損する人

さて次は転職エージェントを利用して損する人について解説していきます。
具体的には次のような方がエージェントを利用すると損をする可能性が高いです。

  • 何となく転職をしようとする人
  • 転職活動に対して受け身の人
  • 今の会社に入社して1年未満の人

これらについてもそれぞれ解説していきたいと思います。

何となく転職をしようとする人

先ほど得する人でも解説しましたが、転職の目的が曖昧で何となくという人はエージェントを利用するコトは危険です。
これは転職の目的においてだけでなく、キャリアについての目的意識がない人についても同様です。

ゴールが決まってない場合は、紹介される求人の一般的に良い部分ばかり見て転職活動を行ってしまいます。
例えば大手企業である、給与が高い、オフィスがおしゃれ、といった内容です。

目的が無いというコトは、求人を選ぶ条件が決まらないので、良い求人が見つかれば応募してしまう可能性があります。
もちろん、そのような転職やキャリアについての軸が定まっていない人は、書類や面接ですぐに見破られるため、内定獲得も容易ではありません。

しかし、そのような求人があることを知っては、日々の仕事に対するやる気は一気になくなります。
世の中には今よりもずっと条件が良い企業があるのに、今の仕事や会社は何なんだ!と不満ばかりが募り、結果として職務がおろそかになるだけでなく、転職先が決まっていないまま辞めてしまう恐れもあります。

これなら、最初からエージェントを利用しない方が良いです。
それよりも、今の仕事に打ち込みながら自分自身についてキャリアの軸を探す方が有意義です。

転職活動に対して受け身の人

転職の目的が明確でも、転職活動に対して受け身の姿勢ではエージェントは利用しない方が良いかもしれません。
もちろん、転職エージェントに任せる部分は任せた方が良いです。

例えば今までのキャリアを書き出してみたが特にアピール部分が見当たらないので相談したい、経験が少ない若手なのでその点を面接で突っ込まれたらどのように対応すればよいか知りたい、日々忙しいので企業との連絡をお願いしたい、といった人はエージェントを利用すべきです。

しかし、最初から自分に合った職務経歴書をつくって欲しい、面接で何を言うべきか教えて欲しいといったゼロから全てを転職エージェントに丸投げするような受け身の姿勢なら利用しない方が良いです。

転職エージェントは、あくまで転職者であるあなたの能力や魅力を最大限に引き出し、理想とする企業の内定に向けてサポートするコトです。
転職者本人であるあなたに、やる気がなければそれは応募企業に見破られますし、何より自分に合った企業は見つからないでしょう。

最悪なのは、転職エージェントに言われるままに紹介された求人に応募し、内定が出た場合です。
転職エージェントが良いというだけで簡単に決めてしまっては駄目です。しっかりと、自分で考え決断できないのなら、入社後に想像していた仕事内容や企業文化でなかったというコトになりかねません。

そのような受け身姿勢の人は、先ほどの何となく転職しようとする人と同じで後悔する可能性が高いので、エージェントの利用は今一度考えるべきです。

今の会社に入社して1年未満の人

最後の損する人は、転職の資質でなく具体的な入社年数です。
もしあなたが新しい会社に入社して1年未満なら、転職エージェントは利用すべきでは無いかもしれません。

もちろん職務で違法行為を行っている、精神的に追い込まれている、事前に通知されていた職務内容でない、事前に通知されていた給与ではないといった場合は理由が明確なので、ぜひ転職エージェントに相談すべきです。

しかし新卒はもちろん中途採用者においても、入社後に想像していた部分と違うというコトは少なからずあります。
だからといって、また転職していてはいつまで経っても自分に合う仕事や企業は見つかりません。

まずは最低でも1年間は様子をみてください。
その1年で、自分として出来る限り努力をしてみて、それでも状況が好転しないなら、再度エージェントに相談してみて下さい。

自分の抱えていた転職の目的は新しい勤務先ですぐに解決できると思わないで下さい。
もう少し長い目線で自分のキャリアや人生を考えるコトで、本来の転職の目的を達成できるのです。

加えて、日本の転職市場では短い期間で転職を行う人は、ジョブホッパーと言われ企業から評価されないという暗黙のルールがあるからです。

転職ですぐに目的は解決されない、企業に批判的にみられるという2つの点においても現在の会社で入社1年未満の方は、転職エージェントの利用は今一度控えた方が無難です。