更新 公開
転職エージェント

初心者必見!転職エージェントの6つのメリット

なかなか良い求人がない!企業との連絡やスケジュール調整などが煩わしい!転職初心者で不安が大きい!
そんな転職活動で悩むあなたこそ、転職エージェントを利用すべきです。

このページでは、転職エージェントを利用するメリットを知りたいと思うあなたに転職エージェントの6つのメリットについて解説します。
もし、転職エージェントとは何なのか、そもそもわからないという方は先にこちらのページを見ることで、転職エージェントがどのようなサポートを提供してくれるのかが理解できます。

転職エージェントとは?エージェントが行ってくれる4つのサポート!

転職エージェントの基本的なサービスは知っているという方はこのまま読み進めて下さい。

転職のプロがキャリアの相談にのってくれる

1つ目のメリットは、転職のプロであるエージェントがあなたのキャリアの相談に乗ってくれるという点です。
あなたの将来のキャリアから、今まで経験し積み重ねきたキャリアの整理、さらに現在どのような仕事や企業に転職するという選択肢があるかなど、あなたのキャリアについて相談ができます。

このキャリア相談は転職活動の全てにおいて影響してきます。
どの求人に応募すべきか?アピールできるスキル、経験、実績は何か?市場においてあなたの価値はどの程度あるか?
これら、転職活動を進めていく上で知るべきポイントを、あなた1人で悩むこと無く一緒に考えてくれるのです。

しかも、あなたが歩んでいけるキャリアパターン、キャリア整理の方法、情勢を見極めた職種・業界知識などのノウハウを持つキャリアのプロが一緒に考えてくれるという点は、非常に大きなメリットです。

求人を効率的に収集できる

求人サイトを何となく見ていて、良いなと思える求人はそれほど多くはありません。
ただ実際に良い求人が無いかという、そうではなく転職者自身が自分の条件をハッキリと決めていないため、良いと思える求人が無いだけなのです。

条件が決まってなければ技術力がある企業、大手企業、報酬や待遇が良い企業、仕事が面白そうな企業といった一般的に良いとされる求人に目がいってしまうのは人間であれば仕方がありません。

しかし、そのような企業は求人サイトに掲載すると非常に多数の応募があるので、採用活動において効率的でないため、企業としては応募者を事前にエージェントが判断する転職エージェントに依頼する場合が多いです。

そのため自分に合った求人をより多く、効率的に探すには自分の条件をハッキリさせて、尚且つより多くの求人に目を通す必要があるのです。
その点で言えば、転職エージェントは極論すれば最短1時間程度であなたに合った求人が出てくるのです。

キャリア相談を受けてあなたのキャリアの方向性から具体的な条件までを理解しており、尚且つ非常に多くの魅力的な求人を持っている転職エージェントを利用すれば非常に効率的に求人が手に入るのです。

応募企業の裏側を知るエージェントのアドバイス

求人サイトなどは企業が料金を支払って掲載しているため、掲載できる広告サイズによって情報量に限りがあり、何より掲載期間中に応募者を集めるため良い面だけを見せるという情報の偏りもあります。

しかし転職エージェントは転職者が入社して初めて企業から報酬を受取れます。さらに、短期間で転職者が辞めた場合は報酬に関して返金しなければなりません。

つまりエージェントとしてミスマッチが無いように、できるだけ応募先企業の実態を伝える必要があるのです。
例えば、仕事ができるコトも重要だが評価に関しては上司との関係が重視されがち、提示になれば誰に断わりもなくみんな退社する、社外の関係会社を上手く使うことが重要な仕事など、その企業ならではの情報も教えてくれるのです。

また、応募先の企業に受かるためには、その企業が望む人材でなければなりません。
もちろん嘘をついたり無理して演じたりする必要はありませんが応募書類で余計なコトや無用なアピールは省く、面接で担当者が評価する仕事の類似点を積極的に伝えるといったテクニックは必要です。

相手側である企業とキャリア相談を行ったあなたを知っているからこそ、どうすればすれ違いなくお互いを評価し合えるかという点に絞って、職務経歴書や面接のアドバイスが行えるのです。

この企業と転職者お互いを知っている代理人が間に入って取り持つというエージェントのサポートは、内定を得るための大きなメリットです。

企業はエージェントの言葉を信じている

実は、企業の採用担当は面接のプロかという言うとそうではありません。
新卒と違い中途採用では面接官を担当するのは、転職者が配属される現場のマネージャーやリーダーである場合が多いからです。

彼らは、仕事に関しては熟知しており実績もありますが、面接で人を見極めるというコトに関しては、そもそも自分の職務領域でもなく採用ノウハウの教育を受けたコトもありません。

しかも、30分から1時間の短い時間でそれを判断するのは難しいです。逆に、人事担当者は人を見る訓練や経験は積んでいても転職者が行う職務領域に関しては素人である場合が多いです。

そこで、転職エージェントには自社に合う人材を紹介して欲しいと考えるのです。つまり、暗黙のルールとして企業は転職エージェントに一次面接を代行して貰っているのです。
しかも企業面接と違い、転職者はエージェントにはある程度本音で話すので、その意味でも自社に合う人かをよく知っているのが転職エージェントだと、企業側も考えているのです。

そうなると、転職エージェントの言葉は採用を行う企業に対して強い影響力を持ちます。

求人サイトから応募したのでは採用条件を満たしていない為に書類選考を通過しない転職者に関しても、転職エージェントが御社に是非おすすめする人材なので一度会って下さいと言われれば、面接に進めます。

最終面接後に採用するかどうかで迷っている役員に対しても、転職市場や過去の実績からこのレベルの転職者が応募してくる頻度は少ないので私は採用すべきだと思いますよ、という1言で採用が決まる場合も多いです。

実はこのように、エージェントの1言であなたの選考通過や内定が決まることは思っている以上に多いのが現状です。採用する企業側も、人を見極めるという正解がない決断に対しては、やはりプロの意見を参考にするのです。

このメリットは採用に直結するので、非常に強力なメリットとなります。

ストレスが高い企業との連絡や交渉を代行してくれる

エージェントを利用しない転職活動はサポートを受けられないため、全て自分で行う必要があります。
その中でも、非常に気を使いストレスがかかるのが企業との連絡や交渉です。

選考内容には入っていませんが、メールや電話での採用担当者との受け答えは、それだけでビジネスマンとしてのレベルを判断されます。
さらに面接日の日程調整などお互いのスケジュールのすり合わせに関しても、どうしても選ばれる側の転職者の方が弱い立場になるため、スケジューリングの主導権は握れません。

年収や条件などの交渉に関しては、上手くやらなければ不採用に直結する程に危険な行為です。

そういったストレスが高い連絡や調整も転職エージェントが行ってくれるので、自己分析や書類作成といったその他の転職活動に時間をさけるのです。

質の高い求人を紹介してくれる

最後の質の高い求人を紹介してくれるというメリットは、転職エージェントでしか実現できない唯一無二のメリットだと言えます。
実は、先ほどまでのメリットはエージェントを利用すれば得られますが、無くても転職活動は行なえます。

しかし、この質の高い求人というのは、企業側が一般公開せずに転職エージェントだけに依頼をしているため、求人サイトや企業ページ、ハローワークなどでは手に入らないからです。

質の高い求人とは例えば新規事業立上げ、大手企業での営業職、有名ブランド商品のマーケティング担当、上場予定の優良ベンチャー企業での事業部長といった一般的に数が少なくやりがいのある仕事内容や給与の高い仕事などです。

先ほどの求人の効率性でもお伝えしましたが、このような募集は応募者が膨大な為に、転職エージェントにしか依頼を出さないという企業が多いです。

さらに求人サイトよりも転職者1人に掛かる採用費用が大きくなるため、それだけ人材にお金をかけるという人材意識の高い企業という点でも質が高い求人と言えます。

もちろん、このような求人が求人サイトなどに無いかと言われれば、そのようなことはありませんが、やはり現実的に質の高い求人は転職エージェントに集中しています。
こればかりは、転職エージェントを利用しなれば得られないために、まさに唯一無二のメリットといえます。

長くなりましたがこれら6つのメリットを考えると。やはり転職エージェントは利用するに値するサービスだと言えます。