更新 公開
転職エージェント

転職エージェントの仕組みを理解するコトが転職成功への近道

「あなたは転職エージェントの仕組みをご存知ですか?」

こう聞くと多くの転職者は、答えに詰まってしまいます。しかし転職エージェントを利用するなら、必ずその仕組を理解しておくべきです。
サービスの仕組みを知ることで、エージェント側の考えや思惑が理解でき、自分にとって転職エージェントというサービスについて損をせず上手く利用できるからです。

今回は転職エージェントの仕組みを解説したいと思います。

エージェントの仕組みはマッチング

転職エージェントの仕組みは、一言でいうと転職者と企業とのマッチングです。
自分に合った企業で働きたい転職者と、自社に合った人材を欲する企業との間に入って両者にとってベストな転職を実現させるコトが転職エージェントの存在理由なのです。

その仕組は転職者と企業に対して提供されるサービスと報酬という2つの要素で構成されています。次の章からはそれらについて解説していきます。

仕組みを構成するサービス内容と報酬

転職エージェントは、転職者と企業のベストマッチングを実現させるために両者にサービスを提供します。

企業に対してはマッチする人材

企業に対しては、自社に合う人材を提供するために、求める人材の要件を聞き出します。経験やスキル、実績や人柄など企業に合う人材を担当者と情報共有して求人内容として整理します。

この求人内容は転職エージェント企業のデータベースに登録し、マッチする転職者がいた場合は求人票として紹介します。

転職者に対してはマッチする求人

転職者に対しては、まずキャリアカウンセリングを行います。多くの転職者は自分の経験、スキル、将来のキャリアプランが曖昧です。そこで、転職者の職務経歴の整理やキャリア設計をすることで、希望条件を整理するのです。

キャリアカウンセリングによって整理された条件を基に、データベース上に登録された求人を探します。その中で、転職者に合う求人を紹介するのです。

転職を実現させる為のサービス

転職者に合う求人が合ったとしても、実際には職務経歴書等を提出して書類選考を受け、さらに面接を通過して初めて企業から内定が出ます。
内定が出た後も、入社日や年収交渉など転職者と企業との間には様々なステップが存在します。

そこで、エージェントは転職者に対して職務経歴書の作成アドバイスや模擬面接などの対策サービスを提供します。
さらに、転職者や企業との間に立って応募や面接日の日程調整、内定後の入社日や年収交渉といった業務を代行するのです。

報酬は年収の1/3

両者のベストマッチングを実現するための様々なサービスについて解説してきましたが、転職エージェントが受け取る報酬は全て企業から受け取ります。
これは入社した転職者の年収の1/3の金額となります。

例えば転職が決まり、その方の年収が400万だった場合に企業は約130万をエージェントに支払います。

以上が転職エージェントの基本的な仕組みを構成するサービスや報酬の内容になります。

悪いエージェントは滅びる

先程お伝えした通り、エージェントの報酬は転職者の年収の1/3でけして安くはありません。
加えて転職者は費用を払わず企業側から報酬が発生するため、転職者のコトよりも利益を追求するエージェントが多いのでは無いかと不安に思う方もいると思います。

例えば、働く上でのデメリットを隠して転職者を上手く言いくるめ、無理矢理に転職させるもいるのではないか等です。
しかし、そのようなエージェントは長くは続きません。何故なら、入社して3ヶ月以内(長い場合は6ヶ月以内)に転職者が辞めた場合は、報酬を返金するという契約を結ぶ場合がほとんどだからです。

加えて現在は数多くのエージェントが存在するため、企業側としてもすぐに辞めてしまう人材や自社に合っていない人材を頻繁に紹介してくるエージェントは企業から契約を打ち切られるからです。

さらにインターネットやSNSなどが発達した現在では、あくどい方法を取っているエージェントなどはすぐにウワサになって転職者の登録が激減するため、ビジネスとして成り立たなくなります。

転職エージェントを選ぶ時の注意点

さて、転職エージェントの仕組みについて解説してきましたが、重要なことはこのような仕組みの中で、あなたが転職を成功させるためには次のポイントをおさえておく必要があるということです。

転職エージェントを比較する

先ほど解説した仕組みは多くの転職エージェントで共通ですが、実際には各エージェントには特徴があります。

総合型の大手エージェントなら求人数が多いので、それだけ自分に合う転職先が見つかる可能性があります。逆に、専門型の中小エージェントなら領域を絞った専門性の高いキャリアカウンセリングが受けられる可能性があります。

複数の転職エージェントを利用する

各社特徴があるからこそ、それぞれのメリットとデメリットを理解して使いこなす必要があります。加えて、いくらプロのエージェントと言っても人間です、やはりあなたとの相性などもあるため、複数のエージェントを利用するべきです。

まとめ

転職エージェントの仕組みについて解説してきました。転職エージェントと言ってもボランティアでなくビジネスです。仕組みを理解することで、エージェント側の考えや思惑が理解できます。

その考えや思惑に沿ってサービスを利用することこそが、あなたにとってベストな転職を実現する近道なのです。