更新 公開
転職エージェント

レバテックキャリアの良い評判・悪い評判を口コミ検証

IT・Web専門の転職エージェントであるレバテックキャリア、その利用を考えている転職者にとって利用者のリアルな口コミや評判は、登録前の判断材料としてぜひ知っておくべきです。

しかし出回っている評判や口コミは良い・悪いといった結論だけしか書かれていない場合が多く、情報として役に立たないものが多いです。
そこでエージェントの評価に役立つように、年齢、性別、転職前後の業界・職種・年収、日付を必須とし、転職理由やエージェントの具体的な評価・感想を記載した評判や口コミを集めました。

評判や口コミは良い・悪いに関わらず紹介し、公表データや事実などに照らし合せ検証することで公平性や信憑性も確保しました。
加えて、常に新しい評判や口コミを集めページの内容を更新し続けることで、情報の鮮度にもこだわっています。

後半には評判や口コミから分かったレバテックキャリアの特徴や利用におけるアドバイスまで記載しているので、失敗しない転職エージェント選びの参考にして下さい。

レバテックキャリアの良い評判や口コミ

まずレバテックキャリアの良い評判や口コミについて次の3つに分けて紹介し、それぞれ検証するための解説もおこないます。

  • 紹介される求人の質が高い
  • 技術に詳しいキャリアアドバイザー
  • 選考通過における豊富なノウハウ

紹介される求人の質が高い

レバテックキャリアの評判としてよく聞かれるのが、紹介される求人の質が高いという内容です。実際の評判や口コミを紹介して、その理由も解説します。

2017/3/17

匿名さん

28歳 男性

現職
ソフトウェア/アプリケーションエンジニア【年収480万】
前職
Webサービス/アプリケーションエンジニア【年収480万】

AIやPythonに可能性を感じて転職

4

今までJavaを使っていたのですが、ある案件でAIを使ったサービスに関わることがあり、参加したエンジニアがPythonで実装を行っていました。AIの可能性やPythonの手軽さに驚きました。

今の会社で続けていくことにこだわりも無かったため大手のエージェント2社とレバテックキャリアに登録しました。

経験が無いので仕方が無いとは思いましたが、大手エージェントはあくまでJava開発の求人ばかりを紹介され不信感から利用をやめました。

レバテックはPyhtonを利用した案件に関われる求人をいくつか紹介してもらい、入社後のステップアップについても色々と教えてもらえました。

紹介される企業についても代表がエンジニアであったり、自社で勉強会が積極的に開催されているなど働く環境として魅力的な企業が多かったです。

2017/5/23

匿名さん

26歳 男性

現職
ソフトウェア/アプリケーションエンジニア【年収480万】
前職
インターネット/アプリケーションエンジニア【年収450万】

紹介企業の内情に詳しい

4.3

以前は上の意向でプロジェクト内容が変わることも多かったので、次回の転職では経営層や組織体制のしっかりした企業を考えていました。

紹介された企業について、詳しく教えてもらいました。特に経営者のITへの関心度や、開発部門のトップの人柄など働く上で押さえておくべきポイントについてよく調べているなと思いました。

面接ではキャリアアドバイザーから聞いた内容について質問できたのでより詳しい話を企業側から聞けて良かったです。

これら紹介される求人の質が高いという評判が寄せられる理由は、大きく次の2点の理由があると思われます。

  • 魅力的な求人がレバテックキャリアに集まる
  • 求人が詳しく技術者が知りたい情報が多い

1点目はレバテックキャリアに魅力的な求人が集まる理由について解説します。

Webサービスやソフトウェア開発、ITベンダーで技術力を強みとする企業にとってエンジニアやクリエイターの採用は最重要事項です。
そのため新技術への取り組みや報酬、ワークライフバランスなどエンジニアやクリエイターにとって魅力的な職場環境を整備している企業は多いです。

求人を依頼する転職エージェントとの打合せには開発部門のトップやCTO、社長までが参加して人材戦略の観点からエンジニア・クリエイター採用について話し合っています。

そのような企業はIT業界や専門技術に"うとい"エージェントに人材採用の依頼を行いません。企業の命運をかける採用だからこそ、開発プロジェクトに知見があり、技術への知識を持ちわせたエージェントに依頼をしたいと思うのです。

レバテックキャリアは、それらエンジニアやクリエイターにとって魅力的な企業から求人依頼を任されるほどIT業界や専門技術に精通しています。
そられ専門知識や業界の知見は、年間3000回もの企業訪問により現場のPM・PLや開発マネージャー、CTOと直接に話をして1200件ものプロジェクトヒアリングを行っているからこそ身についているものなのです。

レバテックキャリアの企業担当は他エージェントの企業担当よりもIT業界やIT技術に精通しており企業からの信頼性も高い

2点目は一つひとつの求人内容について技術者が知りたい情報が詳しく記されているという点です。

例えば使用言語や開発環境を始め使用しているフレームワークやインフラ、サーバー、OSといったスキルマッチングに必要な情報は企業側から提供されるため、どのエージェントでも同じ情報は持っています。

しかしIT業界に精通したレバテックキャリアは次のようなエンジニアやクリエイターが知りたい情報までもつぶさにヒアリングします。

  • 必須スキルと歓迎スキルの線引きはどこまでOKか?
  • 仕事の取り組みはチーム重視?か個人重視か?
  • エンジニアやクリエイターに裁量が与えられているか?
  • 評価や報酬は正当なのか?
  • 一緒に働くエンジニアやクリエイターはどんな人達か?
  • 将来的に新技術に取組める機会はあるか?
  • 技術力向上のための制度や勉強会や研修はあるか?
  • 育児や出産などに協力的な職場環境か?

このような質問については、その質問ポイントもさることながら会話の途中で挟まれるIT業界の事情や、技術に対する知識がなければ上手くヒアリングできません。

単なるスキルレベルの情報だけでなく、仕事の進め方や将来像がイメージできる情報まで求人情報に落とし込めるからこそ、同じ企業の求人でもより詳しくなり、結果として求人の質が高まってくるのです。

技術に詳しく頼りになるキャリアアドバイザー

『紹介される求人の質が高い』という声と合わせてよく寄せられるのが、キャリアアドバイザーが技術に詳しく提案される求人やキャリアプランが的確という評判や口コミです。まずは実際の評判や口コミを紹介します。

2017/7/3

匿名さん

30歳 男性

現職
SIer/エンジニア【年収580万】
前職
SIer/エンジニア【年収540万】

不安な気持ちを理解した上で企業を紹介してくれました

3.8

オープン系の基幹システムで保守開発に携わっていたましたが、顧客とのしがらみ含め不毛な作業も多く、スピード感や新技術への取り組み方などWebの新規開発に興味を持っていました。

ただ自分の経験や性格も考慮するとフィールドを変えることへの不安は大きかったです。転職エージェントの存在を知り、一度相談しようと思いました。どのエージェントも同じような大手ネットベンチャー系企業を紹介してきたのですが私の希望とはズレており応募には至りませんでした。

レバテックは私の不安な気持ちとweb開発への要望を考慮してくれ、新技術を使った開発に熱心な企業を紹介してくれました。良かったのは技術領域のマッチングだけでなく私の性格も踏まえた上で、それに合う企業を紹介してくれたことです。

2017/1/23

匿名さん

29歳 男性

現職
インターネット/アプリケーションエンジニア【年収520万】
前職
Webサービス/アプリケーションエンジニア【年収490万】

担当者の知識レベルが高い

4

レバテックキャリアは担当者の知識レベルが他のエージェントとは比べ物にならないほどでした。

登録時にSymfonyでの開発をメインにやっていると記載していたので、雑談程度に担当者がLaravelで開発を行っている企業の話をしてくれたのです。
社内での事前ルール決めや一部Lumenへの切り分けなど、ちょっと話をして他のエージェントとの知識レベルの違いが分かりました。

専門用語にも詳しいので、いちいち相手のレベルを考えて喋る必要がなく相談もしやすかったです。

技術や業界に詳しく、キャリアカウンセリングが的確という評判についてはレバテックキャリアがエンジニアやクリエイター専門の転職エージェントとして長年の経験とノウハウを持っているからに他なりません。

レバテックキャリアを運営するレバレジーズ株式会社はフリーランス案件紹介事業も行っており、2005年の創業時から数多くのエンジニア、クリエイター達との面談ノウハウがあります。

2016年12月時点の実績でもレバテックキャリアには4万6000人の登録者がおり、その数だけでも如何に多くのエンジニアやクリエイターと面談経験があるかがわかります。

長年ITを専門にしてきただけあってIT業界や技術に詳しいのはもちろん、エンジニアやクリエイターが働く上で悩むポイントや具体的なキャリアプランの提案についても他のエージェントには無いノウハウがあるのです。

さらに基本的となるキャリアカウンセリング能力のレベルで考えるなら、レバテックキャリアは『職業紹介優良事業者』にも認定されています。

キーワード『職業紹介優良事業者』とは

『職業紹介優良事業者』は優れた職業紹介サービスの提供に取り組み、一定の基準をみたした事業者を優良認定する国の事業です。指定審査機関が82にも及ぶ項目を審査し、事業者を認定しています。

職業紹介優良事業者認定制度の概要図

『職業紹介優良事業者』認定の審査には『求職者の希望、能力、適性把握』、『キャリアカウンセリング』といった項目もあるため、レバテックキャリアの転職者に対するキャリア面談の水準の高さも保証されていると言えます。

このような長年IT専門で行ってきた経験やノウハウに合わせて、転職エージェントとして保証された確かな技術があるからこそエンジニアやクリエイターからの評判が集まるのです。

選考通過における豊富なノウハウ

応募書類や面接対策といった選考通過における豊富なノウハウもレバテックキャリアの評判の一つです。

2017/2/25

匿名さん

34歳 男性

現職
インターネット/サーバーエンジニア【年収680万】
前職
インターネット/サーバーエンジニア【年収650万】

模擬面接のおかげで内定

3.5

転職サイトで応募しており、事前に経験やプロジェクト内容をまとめ面接にのぞむのですが上手くいかずレバテックキャリアに申し込みました。

20社近く求人を紹介され、そのうち優先順位の高い5社に応募することにしました。全て面接に進めることになったので、以前の失敗を反省して模擬面接をしてもらいました。

早口になっている、結論から話すといった基本的なアドバイスから、プロジェクトの進め方の中でどこをクローズアップして話すかなど具体的なアドバイスももらえました。

2016/10/20

匿名さん

29歳 男性

現職
ITベンダー/データベースエンジニア【年収570万】
前職
SIer/データベースエンジニア【年収550万】

具体的で実践的なアドバイス

4.7

転職経験があったので職務経歴書についてはそれなりに自信があったのですが、書類添削では「この企業はチームでの働きを重視するので、エンジニア同士や協力会社とのコミュニケーションについて書くべき」と考えもしなかったアドバイスをもらえました。

面接対策についても「マネージャーは端的なコミュニケーションを好む方なんで、ダラダラ話すよりは多少言葉足らずでも短く伝えた方が良いです」といった具体的なアドバイスがあり、それを活かして面接を通過できました。

レバテックキャリアが書類や面接といった選考通過のノウハウを豊富に持っているのは、数多くの転職者を企業に紹介した実績があるからです。過去10年で4000社以上の取引実績があることも、それを物語っています。

さらにレバテックキャリアでは書類選考や面接において、合格・不合格問わず企業と転職者の両方からその内容や結果についてヒアリングしています。

そして各企業が採用で重視するポイント、実際の面接での質問例、NG条件、不採用理由などのデータを全て蓄積したオリジナル資料である『面接詳細』というものを作成しているのです。

【面接詳細】企業毎に過去の質問例、重視するポイント、不採用理由を蓄積したデータをまとめたもの

2016年11月の実績では月間企業推薦数が571件なので、日々数多くのデータが蓄積されていることが分かります。

そして転職者が応募する前にはこの資料を元にその企業の選考における攻略ポイントを伝えてもらい通過するための応募書類の書き方や、希望すれば模擬面接も行ってもらえるのです。

『面接詳細』といった蓄積したデータがあるからこそ、選考通過ノウハウが豊富であるという評判が集めると言えます。

レバテックキャリアの悪い評判や口コミ

次にレバテックキャリアの悪い評判や口コミについて次の2つに分けて紹介し、それぞれ検証するための解説もおこないます。

  • 求人数が少ない
  • 未経験者向けでは無い

求人数が少ない

レバテックキャリアはIT・Web専門の転職エージェントですが、それ故に大手転職エージェントに比べ求人数が少ないといった評判や口コミもあります。

2017/4/7

匿名さん

27歳 男性

現職
インターネット/アプリ開発【年収500万】
前職
ゲーム/ゲームエンジニア【年収420万】

紹介される求人は要望を外していない

2.7

始めて転職エージェントを利用したのですがレバテックキャリアで20社近く求人を紹介された時は、最初からエージェントを利用すれば良いと思いました。

ただ後ほど利用したリクルートエージェントでは何日かに渡って50社近くも企業を紹介され、パソナキャリアでも30社程度は紹介されたのでレバテックキャリアの紹介求人は少ないと気づきました。

ただレバテックキャリアの求人は自分の要望からは大きくハズレてはいない求人ばかりでした。

2016/11/30

匿名さん

26歳 男性

現職
Web開発/フロントエンドエンジニア【年収400万】
前職
インターネット/フロントエンドエンジニア【年収350万】

求人は少ないがエージェントレベルは高い

2.7

リクルート、ワークポート、レバテックを利用しました。レバテックはIT業界専門のエージェントだけあって、キャリアアドバザーの知識も豊富でリクルートやワークポートよりも上だと感じました。

ただ紹介される求人数ではリクルートやワークポートの方が上でした。最終的にはワークポートで紹介された企業に転職しました。どのエージェントでも数社は求人が被っていました。

転職エージェントには企業を訪問して求人を受け取るリクルーティングアドバイザーと言われる職種がありますが、大手転職エージェントは数多くのリクルーティングアドバイザーが様々な企業から求人を集めてきます。

そのためレバテックキャリアのようなIT専門の転職エージェントと比べてもIT求人を数多く保有しております。
IT求人に強い大手総合型エージェントであるワークポートの2017年7月15日時点でのIT・WEB・ゲーム系求人は1万1239件ですが、レバテックキャリアは求人登録数4000件以上と記載があり、その数は2倍以上です。

転職においては自分にマッチする求人を探すことが重要なため、レバテックキャリアの求人の質やキャリアアドバイザーのレベルの高さは重要です。

しかし、やはり転職活動において数多くの求人に触れることは、それだけキャリアの選択肢を広げることにもなります。そういった意味では大手転職エージェントに比べ劣っていると言えます。

この点についてはレバテックキャリアを利用しつつも、求人数を確保するため大手転職エージェントを併用することをおすすめします。

未経験者向けでは無い

IT・Web専門のエージェントだけあって、未経験者向けでは無いことも注意が必要です。加えてキャリアが浅い人にとっても強みがあるとは言えません。

2017/2/9

匿名さん

23歳 男性

現職
SIer/SE【年収320万】
前職
SIer/SE【年収330万】

求人は紹介されませんでした

1

入社して半年ですが今の会社でエンジニアとしてやっていくことは難しく、トップの考え方にも賛同出来ないため転職をすることにしました。レバテックはエンジニア専門だと言うことで登録しました。

私の経験では今スグに紹介できる企業が無いとのことで仕方なく他のエージェントを利用して転職しました。エージェントと言っても、各社毎にやり方に違いがあるようです。

2017/6/14

匿名さん

25歳 男性

現職
Web開発/Webデザイナー【年収300万】
前職
Web開発/Webデザイナー【年収260万】

全体的に低評価です

1.5

数人の零細企業だったので独学で何とか続けていましたが、給与があまりにも低かったので求人を探していました。

自分でも未熟なことは分かっていましたが、紹介される求人が少なく内容もイマイチでした。担当の方も積極的に動いてはくれない雰囲気でした。

別のエージェントはとにかく応募してみましょうと、数多くの求人を提案してくれたのでそちらを利用することにしました。

レバテックキャリアはIT・Web専門のエージェントであり、紹介する企業に対してもその点を強みとしています。そのため寄せられる求人も経験者向けの求人が中心となります。

その証拠に登録ページの最終段には次のような文言が添えられています。

申し込みに関するご注意

以下の方は弊社の事業基盤、案件動向から、案件ご提案のご連絡までお時間をいただく可能性があります。ご了承ください。

  • IT業界、または希望職種が未経験の方
  • 首都圏、関西以外の作業場所、また在宅での作業を希望される方

転職エージェントは法律上、登録者を断ることが出来ないため申込みはできますが、実際に経験が無い職種への転職や1年未満といったキャリアが浅い転職者にとっては紹介される求人数は少ないと思っていた方が良いです。

レバテックキャリアの特徴

ここでは今までの評判や口コミをまとめながら、レバテックキャリアの特徴や利用におけるアドバイスについて解説します。

良い評判・悪い評判の比較表

いくつかのポイントに分けて評判や口コミを紹介・検証してきたので、おさらいする意味も含めて良い評判、悪い評判を比較した次の表をご確認下さい。

良い評判・口コミ
  • 紹介される求人の質が高い
  • 技術に詳しいキャリアアドバイザー
  • 選考通過における豊富なノウハウ
悪い評判・口コミ
  • 求人数が少ない
  • 未経験者向けでは無い

この比較表を見ればレバテックキャリアが自分にとって利用するべきかどうか、おおよそ分かってきたかと思いますが、もう一歩踏み込んで解説したいと思います。

転職エージェント選びでは忘れてはいけない次の3要素について、評判や口コミから分析した結果をまとめ利用におけるアドバイスや注意点もお伝えします。

  • 紹介される求人
  • キャリア面談
  • 転職活動サポート

紹介される求人について

紹介される求人については、IT・Web専門で10年以上の実績があるだけに技術力に定評ある企業の求人を数多く保有しています。自身の希望にもよりますが経験あるエンジニアやクリエイターなら大手からベンチャーまで20社程度はすぐに紹介してくれるはずです。

ただ数多くの求人という点では大手転職エージェントの方が優れています。エンジニアなどはどの企業でも足りていないので、大手エージェントなら30~50社程度を紹介してくれるはずです。

加えてキャリアの浅いエンジニアやクリエイターにとっては利用してもメリットが少ないと言えます。

キャリア面談について

キャリア面談について、担当するキャリアアドバイザーはIT技術に詳しくエンジニアやクリエイターならではのキャリアの悩みも良く理解しているため一度キャリア面談を受けることをおすすめします。

特に新卒で入社して5年以上の経験を持つエンジニアやクリエイターについては新しい技術分野に対する希望や、働き方の変化を望む人も多いです。30歳を迎える前に、キャリアの方向性を見定める意味でも有益だと言えます。

転職活動サポートについて

転職活動サポートについては書類添削や面接対策など、企業選考でのアドバイスが役立つはずです。今まで蓄積された『面接詳細』を元に、応募する企業の選考ポイントや質問例などを聞くだけでも合格率は格段に上がるはずです。

他の職種に比べエンジニアやクリエイターは応募書類よりも面接を苦手とする方が多いです。レバテックキャリアでは、先の『面接詳細』を元にした模擬面接も行っているので、利用すれば以後の転職活動にも役立つはずです。

レバテックキャリアは利用すべきか?

IT・Web専門の転職エージェントとしてレバテックキャリアは求人数、求人の質、キャリア面談、サポートなどにおいてはトップクラスです。経験が1年以上あるエンジニアやクリエイターなら必須のエージェントと言えます。

ただ同時に転職活動において数多くの求人に出会うことは、キャリアの選択肢を広げることにつながります。そのため大手転職エージェントも併用することをおすすめします。

大手転職エージェントについてはエンジニア、クリエイターの求人はどこも数多く扱っているので、試しにいくつか登録してキャリアアドバイザーと相性が良いところを利用するのが良いです。

ただ数多くの求人に出会う前に、レバテックキャリアにて面談をしてキャリアの棚卸しと方向性を決めておくべきです。まずは方向性や自身の理解がなければ、求人に対する判断が出来ないからです。

次のリンクからレバテックキャリアに登録を行い、一度面談をしてみましょう。

今すぐレバテックキャリアに登録【無料】