更新 公開
転職エージェント

30代前半におすすめの転職エージェント!5つの基準と各社の特徴

企業は30代前半に対して、リーダーシップを発揮し現場レベルで若手を引っ張って欲しいと考えています。
そのため価値観、スキル、経験、実績などをバランス良くみて採用活動を行います。

そのような全ての面で平均以上のレベルをアピールするには、30代前半に強みがあるエージェントでなければなりません。
しかし求人数、キャリア相談、企業との強いパイプ、転職サポート、内定させるノウハウなど全てにおいて完璧なエージェントはいません。

そこで、このページでは30代前半に強みをもつ、おすすめの転職エージェントを紹介します。

30代前半に強みを持つといっても、紹介するエージェント全てが30代前半の転職者全員におすすめという訳ではありません。
そこで、各エージェントの特徴も合わせて解説するので、自分の状況や課題に合ったエージェントを選んで利用することをおすすめします。

30代前半の転職エージェントを選ぶポイント

まず各エージェントを特徴と共に紹介する前に、30代前半の転職者において共通する状況や課題があります。
そして、その状況や課題はそのまま転職エージェントを選ぶポイントになります。

30代前半の転職者は、次の5つがエージェントを選ぶポイントになります。

  • 求人の幅が広く数も豊富なエージェント
  • キャリアカウンセリングに定評があるエージェント
  • 専門領域に強いエージェント
  • マネジメント求人に強いエージェント
  • ハイクラスに強いエージェント

簡単に説明したいと思います。

求人の幅が広く数も豊富なエージェント

30代前半という年齢は企業の採用意欲が高い年齢です。その為、同じ業界はもちろん、異なった業界の転職者でもスキルや経験ベースで採用したいと思う企業は数多くあります。

さらに営業からコンサルタント、エンジニアからプロジェクトマネージャーなど職務上必要な知識、技術、経験を元に職種を飛び越えての転職も可能です。

そのため現在の職種や業界にとらわれない幅広い求人を数多く保有するエージェントを最低1社利用することで、想定している以上のキャリアが開けるコトがあります。

キャリアカウンセリングと専門領域

30代前半はスペシャリストかマネージャーか?どのような職務領域や業界で生きていくか?家族や生活など年収や働き方についても気になる!などのキャリアに関する様々な悩みがあります。

そのため、転職エージェントではキャリアカウンセリングを行った上で求人を紹介します。
言い換えれば、このキャリアカウンセリングによって将来の方向性を決めてしまう可能性が大きいのです。

そこで、キャリアカウンセリングに強みがある事や、職種・業界・転職者の属性といった特定の領域を専門に扱っている事などはエージェントを選ぶ上で重要な指標となるのです。

マネジメント求人に強い

20代と比べて、30代前半は管理職としての役割を強く期待されます。
そのため、マネジメント経験の有無は採用における重要な判断基準となります。もちろん、現在マネジメント経験がなければ、転職先の企業ではその経験が積めるのかという視点も必要になります。

つまり、あなたの経験の有無に関わらずマネジメント系求人の転職に強いエージェントは必ず押さえておくポイントなのです。

ハイクラスに強いエージェント

30代前半の多くが探している訳ではありませんが、ハイクラス系の求人を必要としているビジネスパーソンは一定数います。
ハイクラス求人とは具体的には年収レンジ700万~1500万、管理職、スペシャリストといった条件を備えている求人です。
20代では極稀にしかおりませんが、30代前半になると、この求人に見合う転職者が増えてきます。

大手総合型エージェントのメインターゲットは25~35歳の年収450~700万なので、ハイクラス求人をメインで取り扱うことはありません。
そのため、転職者によっては大手エージェントでは満足に求人が紹介されないという状況もありえるのです。

そこで、ハイクラスに強みを持つエージェントも1つの判断基準となるのです。

それでは、この5つのポイントを基準に以降で30代前半におすすめの転職エージェントを紹介します。

求人の広がりと量でNo.1!リクルートエージェント

まずはリクルートエージェントです。転職エージェントとしては、業界最大手で求人数と転職者実績において業界No.1です。

取り扱う求人の職種と業界は多岐に渡り、その求人数も膨大です。2017年4月8日時点で、公開求人2万8864件、非公開求人13万7860件、合計16万6724件の求人を取り扱っています。
この点は総合人材企業としてもトップのリクルートだけに、企業開拓や取引数という点で強みを発揮しています。

加えて重要な点は、過去35年の歴史の中で約37万8000人の転職を実際に成功させています。
つまりそれだけ、顧客企業との強いパイプがあり、求職者を転職させる為の具体的なノウハウやサポート力を持っているという事です。

30代前半のキャリアにおける可能性を十分に広げるなら、この多岐に渡り膨大な数の求人と、転職決定力こそリクルートエージェントを利用する大きなメリットです。

1点、専門領域という意味では幅広い職種や業界を扱っていますが、他の職種と比べて営業職が全体の26.8%と営業職に強いと言えます。

キャリア相談に定評あり!パソナキャリア

パソナキャリアは大手人材グループであるパソナが運営する転職エージェントです。

丁寧で的確なキャリアカウンセリングに非常に定評があります。
大手エージェントですが、トップであるリクルートエージェントと差別化を図る戦略の1つとして、キャリアカウンセリングに力を入れています。
また派遣業においても登録者からの評判が高く、社内文化として転職者の相談や対応に力を入れていることが伺えます。

大手並の求人数とキャリアカウンセリングは、キャリアの可能性を模索する30代前半の転職者にとってはエージェントとして全体的にサービスレベルが高く、利用をおすすめする転職エージェントです。

リクルートエージェントと違い、取扱い求人の職種はITエンジニア21.7%、ものづくりエンジニア21.7%、経理・人事・労務といった管理部門が12.4%と合計55.8%で、大手エージェントの中でもスペシャリスト系の求人に強いと言えます。

この辺りは、同じ大手転職エージェントでも営業に強いリクルートエージェントと領域に違いが見えます。

30代前半のエグゼクティブに強い!マイナビEXECUTIVE AGENT

大手総合人材企業であるマイナビが運営するマイナビEXECUTIVE AGENT(マイナビエグゼクティブエージェント)について解説します。

このエージェントは年収800万以上の経営幹部、管理職、スペシャリストなどに特化したエージェントです。
このような転職エージェントは、エグゼクティブエージェントと言われ、大手の転職エージェントも同じように専門領域として運営しています。

しかし、その中でもマイナビエグゼクティブエージェントの特徴は、登録者の年齢において30代前半が最も多く30~34歳で48.2%となっております。

これは、ハイクラス求人を扱うにも関わらず、30代前半の転職者に対してキャリアカウンセリングと企業紹介の経験が多いというコトです。
ハイクラス系のエグゼクティブエージェント内では、30代前半にとっては嬉しい特徴なので、積極的に利用することが検討できます。

因みにハイクラス系のエージェントではIT、コンサル、金融といった業界の求人が多いですが、マイナビエグゼクティブエージェントは最も多い業界がサービス業で22.4%にも及びます。

この点も、ハイクラス系エージェントの中では選択する上での判断基準となります。

マイナビエグゼクティブエージェントに登録

戦略系職種に強い!クライス&カンパニー

30代のマネージャークラスに強みを持つハイクラス系転職エージェントとしては、クライス&カンパニーがあります。

キャリアカウンセリングのレベルが非常に高く、キャリアコンサルタントの半数以上がキャリアコンサルタントの国家資格であるGCDFを取得しています。

さらにヘッドハンティングからスタートし創立から24年も続いており、現在でもヘッドハンティング事業を行っているため、多くの企業幹部との強いパイプがあります。
転職成功者の平均年収が981万という点もハイクラス系エージェントとしては十分な数字です。

専門領域ではコンサルタントと経営・事業企画関連の職種が57%を占めており、企業戦略などの上流職種に強みを持っています。次いで営業、ITエンジニア、管理部門といったスペシャリスト系が22%を占めています。

実際にWEBサイト上でも求人を閲覧することができ、2017年4月8日現在で、2514件の求人を見ることができます。さらに非公開求人は7434件に及びます。

殆どがハイクラス求人なので、職種など興味がある方は、ぜひ登録すべきエージェントです。

グローバルならJACリクルートメント

JACは転職エージェント事業単体の会社としては、唯一東証一部している信頼性の高いエージェントです。
エージェント業界でも第3位に入る程の大手エージェントですが、他の大手エージェントと違い、専門とする領域が非常に明確なので、利用するかどうかの判断はすぐにつくと思います。

主に次の3点において特徴があります。

  • 外資系と国内企業の海外求人案件に強い
  • 管理職であるミドルマネジメントに強い
  • スペシャリスト系の領域に強い

外資系案件が全体の36%、日系企業の海外求人案件が21%とグローバル系求人が全体の57%を占めています。

さらに、大手エージェントと比べて登録者やターゲットの年収レベルは高く、600万以上からの30代を対象としています。

転職決定者でいうと、技術系、メディカル専門職、金融専門職、マーケティング商品開発、経営企画・事業企画、管理部門バックオフィスといった職種を合わせて6割近くに登ります。

まとめるとスタッフレベルではない、管理職やスペシャリストの30代に特化したエージェントなのです。
加えて、半数以上が外資系・海外求人というグローバルという戦略が明確な転職エージェントです。

外資系に興味を持つ30代前半の転職者は一度相談してみることをおすすめします。