更新 公開
転職エージェント

リクルートエージェントの評判を良い面・悪い面を問わず口コミで検証

リクルートエージェントに登録する前に、まずは評判を知っておきたいと思うのは自然なことです。あなたがこのページに訪れたのも、リクルートエージェントは登録すべきサービスか、その評判を知りたいと思ったからでしょう。

しかしネットで情報を集めても、信憑性に欠ける・具体性がない・情報が古いなど、利用すべきかの判断に使える評判や口コミは少ないのが現実です。

そこでこのページでは、実際にリクルートエージェント利用した転職者から集めたリアルな評判や口コミを良い・悪いに関わらず紹介し、さらに公表されているデータや事実から検証することで信憑性も検証します。

評判や口コミには年齢、性別、転職前後の業界・職種・年収、日付、具体的な評価といった、あなたが利用すべきエージェントか判断するための情報をしっかりと押さえています。

最後に評判や口コミから傾向や特徴をまとめることで、転職者であるあなたにとってリクルートエージェントが利用すべき転職エージェントかどうかの判断ができるようにしました。

転職成功の第一歩である、エージェント選びには欠かせない情報となっていますので、ぜひ最後まで読んでください。

リクルートエージェントの良い評判や口コミ

まずはリクルートエージェントの良い評判や口コミを紹介します。良い評判や口コミは主に次の4つに分けられるので、それぞれの評判や口コミを紹介しつつ、独自に検証していきます。

  • 紹介される求人の数が多く質も高い
  • キャリア面談のレベルが高い
  • 転職を成功させる情報量の多さ
  • 企業に対する交渉力

紹介される求人の数が多く質も高い

リクルートエージェントの評判や口コミの内容として最もよく聞くのは紹介される求人の数が多く、求人の質が高いという内容です。ここでは特徴的な内容を2つピックアップしてみました。

2017/7/5

マユミさん

24歳 女性

現職
人材系/営業職【年収340万】
前職
不動産/営業職【年収280万】

紹介される求人の多さで自信がつきました!

4.3

とにかく求人数の多さにおどろきました。初回の面談で早速26社の求人を紹介されました。その中で興味のある4社に応募しましたが、1社落ちたので続いてまた7~8社紹介してもらえました。

自分の経歴に自信がなかったのでこれだけの数の企業を紹介されたことが嬉しく自信につながりました。担当者の方から書類の書き方や、面接で聞かれるポイントを教えてもらって結果として3社から内定をもらいました。

その中で仕事も面白そうで条件の良い会社に決めました。給与も大幅に上がって、リクルートエージェントを利用して本当に良かったです!

2017/2/24

匿名さん

27歳 男性

現職
ソフトウェア/SE【年収450万】
前職
Sier/SE【年収420万】

今より規模の大きな会社に転職し充実しています

3.7

小規模のSIerでSEとして働いていましたが、下請けだったため残業や休日出勤の多さで肉体的にも精神的にボロボロでした。エンジニア専門の転職エージェントを利用していましたが、紹介されるのは同じような規模のSIerばかりでした。

退職した同僚からリクルートを利用して良かっと聞いたので登録しました。紹介された求人も多かったですが、何より求人内容が素晴らしく今より規模の大きな一次請けのSIerはもちろん、元請けや自社開発の企業まで紹介されました。

結果として今よりも規模の大きな独立系のソフトウェア会社に決まりました。人によっては当たり前かもしれませんが、休日出勤は無くなり残業は減りました。もちろん手当も別途支払われます。

変にこだわりを持ってエンジニア専門のエージェントを利用するよりも、最初から大手のリクルートを利用すべきでした。

実際にこの評判や口コミは本当なのでしょうか?まずは求人の数について検証してみましょう。
リクルートエージェントを含む大手転職エージェント5社の2017年7月11日現在の公開・非公開の取扱い求人数を比較したデータを次にまとめてみました。

JACリクルートメントに関してはWEB上で公表されている公開求人比率40%にて非公開数を計算しました。

【大手転職エージェント取り扱い求人数】リクルートエージェント17万7291件、doda転職エージェント16万5541件、JACリクルートメント1万6955件、パソナキャリア4万2151件、マイナビエージェント2万3029件

ひと目見て分かる通りリクルートエージェント17万7291件、doda転職エージェント16万5541件、JACリクルートメント1万6955件、パソナキャリア4万2151件、マイナビエージェント2万3029件とリクルートエージェントはトップです。

次に求人の質ですが、これは大手・中堅企業の求人が多いことが1つの目安となります。

大手・中堅企業の方が、中小に比べ活用できる資産やノウハウが大きく職務の広がりやキャリアの発展性が大きいからです。さらに年収や待遇といった条件面でも転職者にとっては魅力的な求人が多く質の高い求人と言えます。

次のデータはリクルートエージェントを利用している企業をその規模毎に分類したものです。実に50%が大手・中堅企業であり、結果としてリクルートエージェントの求人の質の高さがうかがえます。

【リクルートエージェント利用企業規模】大手企業11%、中堅企業39%、中小企業44%、その他6%

以上の点でもリクルートエージェントにおける求人の数や質に対する評判や口コミの信憑性は確かなものだといえます。

キャリア面談のレベルが高い

次の良い評判や口コミはキャリア面談のレベルが高いというものです。代表的な評価として以下の2つ紹介します。

2017/1/15

匿名さん

28歳 男性

現職
輸送機器/営業職【年収500万】
前職
自動車部品メーカー/営業職【年収480万】

希望を踏まえつつ確実に入社できるまでの転職活動プランを提案してもらえた

4

新卒で入った会社で5年間営業として取り組んできましたが、顧客や商品が代わり映えしない状況で仕事がルーチンワークに感じていました。
業界では安定企業として有名でしたが保守的な風土もあり自分のやりがいや成長に疑問を持っていました。

いくつかのエージェントを利用しましたが、やりがいを重視して今よりも規模の小さな会社を紹介されるばかりでした。その中でリクルートエージェントだけは安定とやりがいを実現する企業を提案してくれました。

さらに面接を見越して、「何故今の状況を捨ててまで転職するのか?」に対する回答を一緒に考えていただき助かりました。自分一人では、実際に転職は成功しなかったと思います。

2017/5/21

匿名さん

32歳 男性

現職
ITベンチャー/経理【年収500万】
前職
メーカー/経理【年収540万】

キャリアアドバイザーの提案が素晴らしかった

4.7

転職の目的は当初給与アップでしたが、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーと面談するなかで自分が本当に求めているものを整理することができました。

経営、裁量、専門性という3つのキーワードをキャリアアドバイザーと握ることで応募企業の選定やアピールポイントが明確になり、選考通過率も上がりました。

最終的に経営企画にも参加できる経理から将来的にCFOを目指すというキャリアプランでITベンチャーに転職することになりました。
年収こそダウンしましたがキャリアアドバイザーのリスク回避も含めたキャリアプランに納得して転職しました。

今回の転職だけでなく3年後を見据えた具体的な提案は、さすがリクルートだと感心しました。

非常に有益な内容ですが注意する点があります、それは転職エージェントとのキャリア面談は担当するエージェントとあなたの相性によって評価が大きく変わるという点です。
これはリクルートエージェントだけではなく他の全ての転職エージェントを利用する時にも言えることです。

それでもリクルートエージェントのキャリア面談レベルが高いのは次の3つの理由からです。

  • 41万人を転職させたノウハウ
  • エージェントが場数を踏んでいる
  • 紹介できる数多くの求人がある

リクルートエージェントは設立から2017年の現在までに41万人以上を転職させており、様々な職種や業界における転職者の情報や成功・失敗事例、キャリアプランの立て方から、転職者が不安に感じる内容まで数多くの蓄積されたノウハウがあるのです。

そしてただの知識レベルだけでなく、リクルートエージェントは年間登録者数が50万人(2016年度実績)にも及びエージェントは数多くの様々な転職者と面談をしているため場数も踏んでいるのです。

さらに重要なのが実際に紹介できる求人を数多く抱えているということです。
いくら理想的なキャリアプランがあったとしても、それに沿った求人が無ければエージェントは転職者に、その理想的なキャリアプランは提案できないからです。

以上の3つの理由から、担当者や相性の問題をのぞいてもリクルートエージェントは、組織力によってキャリア面談のレベルが総じて高いと言えます。

転職を成功させる情報量の多さ

企業の詳細な情報や面接テクニックなど、転職を成功させるための情報量の多さもリクルートエージェントにおける評判のひとつです。
実際に利用者達からは次のような評判を聞くことができました。

2017/3/2

匿名さん

25歳 男性

現職
ITベンダー/サポートデスク【年収320万】
前職
教育/事務職【年収290万】

希望だったIT業界への転職が成功して満足しています

4

職種を変える転職だったので不安が大きかったです。ネットで転職エージェントを知り、大手のリクルートエージェントを利用しました。

とにかく面接が不安だったので、対策セミナーに参加しました。事前に面接本などで勉強していましたが、セミナーの内容はそれに比べて非常に本質的で気付かされることも多かったです。

エージェントは如何にも出来るタイプの方で、あれこれと助言やサポートはありませんでしたが、こちらからメールでも質問すれば説得力のある回答をくれました。

以前から興味のあるIT業界へ転職できたので、結果としてエージェントには十分に満足しています。

2017/2/5

匿名さん

29歳 男性

現職
医療機器/設計エンジニア【年収620万】
前職
光学機器/設計エンジニア【年収580万】

企業情報の量が多く精度も高かった

4.3

求人の数も多く、自分では考えもしないキャリアアドバイスをもらえました。

転職先は今までとは畑の違う業界だったので、当初応募の時点では紹介してきたエージェントに対して不信感もありました。しかし実際に面接で話を聞く中で、エンジニアとして非常にやりがいのある環境だと理解できました。

面接は合計で4回あり、マイページで確認できる企業紹介のレポートが非常に役立ちました。レポートの内容を面接時に質問することで、入社前に社風やキャリアステップを知ることが出来たことが有益でした。

実際に入社して以前の職場と違う部分はありますが、事前情報があったので戸惑うこと無く仕事が出来ています。

このような評判は、実際にリクルートエージェントを利用することで得られる情報量の多さを物語っています。

企業の詳しい情報や面接で聞かれる内容などは、実際に入社した転職者や面接を受けた応募者からヒアリングした生の情報です。
その情報量の多さは、41万人という膨大な転職者から得られた情報なのです。

リクルートエージェントではこの貴重な情報を担当エージェントから直接聞くことはもちろん、整理された情報としてインターネットで確認することやセミナーで体系的なテクニックとして聞くことができるのです。

具体的にはAGENT Report(エージェントレポート)といって、その企業の社風や業界分析、仕事のやりがいや働き方、実際に入社して活躍している人、さらには面接など選考についての情報がインターネット上で確認できます。

さらにリクルートエージェントに登録すれば利用できる面接力向上セミナーは受講満足度97%、受講者の面接通過率15%アップという非常に有益なセミナーです。

数多くの転職実績からくる情報量が多いという評判や口コミは、AGENT Reportや面接力向上セミナーとして形になっている点からもうかがい知れます。

リクルートエージェントのAGENT Report見本、面接力向上セミナーのご案内

企業に対する交渉力

年収交渉や書類選考通過のためのプッシュなど、企業に対する強力な交渉力もリクルートエージェントの評判ではよく聞く内容です。

2017/3/25

匿名さん

26歳 男性

現職
コンサルティング/アナリスト【年収460万】
前職
金融/営業職【年収450万】

エージェントの力で何とか転職にたどり着けました

4.3

新卒で第一希望だったコンサルティング業界へ転職できました。

当初コンサルタントは年齢と経験から応募企業の採用条件を満たしておらずエージェントからも難しいと事前に伝えられていました。
ただ、どうしてもチャレンジしたかったので、その旨をエージェントに伝えると推薦状とともに担当者を説得してくれ、何とか面接にこぎつけることができました。

結果としてコンサルタント職では不採用でしたが、エージェントが交渉してくれアナリストとして転職することが出来ました。半ば諦めていたので、どのような形でもコンサルティング会社に転職できて良かったです。

2017/1/15

匿名さん

30歳 男性

現職
情報サービス/ネットワークエンジニア【年収500万】
前職
IT/ネットワークエンジニア【年収420万】

圧倒的な交渉力で80万の年収アップ

3.7

今よりも年収や待遇といった条件アップを目指して、より規模の大きな会社に絞って転職活動をしていました。職種的にも数多くの求人があるらしく、好条件の求人を紹介してもらえました。

最終的には年収が80万もアップした上に、家賃補助もつけて貰えることになりました。他にも内定を貰っていたこともあり、当初は60万アップだったのですがエージェントの方で強気に交渉してもらえたようです。

そこまでやるの?という位にエージェント積極的に交渉をしてくれました。

なぜリクルートエージェントが、これほど企業に対して強い交渉力を持っているか、やはり企業側に対して結果を出し続けてきたからです。

リクルートエージェントは2016年度には3万2000名の転職者を企業に紹介した実績があります。
一般社団法人日本人材紹介事業協会が公表している転職エージェント大手3社のリクルートエージェント、doda、JACリクルートメントの紹介人数は5万3794名なので大手3社の中で6割のシェアを占めている計算になります。

【2016年度転職者紹介実績シェア】リクルートエージェント59%、doda及びJAC41%

これデータをみれば、リクルートエージェントが圧倒的に企業に対して転職者を紹介していることが分かると思います。
他の転職エージェントに比べてこれだけの実績価値を提供していれば、企業に対するリクルートエージェントのアドバイスや提案は非常に高い影響力を持ちます。

結果として年収交渉や書類選考通過のプッシュに対しても、企業側としては検討し受入れるといった状況がおこるのです。

評判や口コミの通り、やはりリクルートエージェントの交渉力は他の転職エージェントに比べて強力だといえます。

リクルートエージェントの悪い評判や口コミ

良い面だけでなく、悪い面を知ることでその転職エージェントを利用すべきかどうかの正しい判断ができます。次はリクルートエージェントの悪い評判や口コミを紹介します。

悪い評判や口コミは大きく次の3つに分けられるので、それぞれの評判や口コミを紹介しつつ、独自に検証していきます。

  • 興味の無い求人を紹介される
  • 担当者が強引な場合がある
  • サポートが粗い場合がある

興味の無い求人を紹介される

興味が無い求人を紹介されるという評判は、リクルートエージェントの利用者からよく聞かれる話です。

2017/3/26

匿名さん

34歳 男性

現職
家電/電気エンジニア【年収600万】
前職
産業ロボット/電気エンジニア【年収620万】

求人紹介に不満があったが概ね満足

2.7

転職は2回目で以前は知り合いのツテで転職しました。ただ現在は転職エージェントを利用するほうが、条件の良い転職が出来ると聞き、リクルートエージェントに登録しました。

実際に数多くの求人を紹介してもらえましたが、自分の経験と照らし合せると入社後に苦労しそうな求人や分野の違う求人に戸惑いました。

最終的には転職しましたが、もっと自分の要望を踏まえた求人提案をして欲しかったです。

2017/6/21

カナさん

26歳 女性

現職
情報サービス/営業【年収450万】
前職
旅行/営業【年収430万】

自分で求人を見きわめる必要があるため負担が大きい

3.3

キャリアを考えた時に、今のままでは経験やスキルが身につかないと思い転職することにしました。エージェントでは業界問わず、数多くの求人を紹介してもらえました。

ただ、いかにもブラックな企業の求人も混じっていました。ネットでその会社を調べると辞めていく人が多いとのことで、エージェントに対する信頼が一気に下がりました。

他のエージェントと比較して紹介してもらえる求人数は多いですが、ある程度自分で見きわめる必要もあり、負担も大きかったです。もっと吟味して紹介して欲しいというのが正直なところです。

興味の無い求人を紹介されるといった内容は、良い評判や口コミで紹介した数多くの求人を紹介することの裏返しです。

例えば、いくら経験豊富で優秀なエージェントでも1~2時間のキャリア面談で転職者の望みどおりで、かつ内定可能性のある求人だけを完璧に紹介するのは現実的に無理です。

そこである程度の要望や条件をふまえて、数多くの求人を紹介し転職者の興味や志向を判断するということを行うのです。これは業界NO.1の求人を保有しているからこそ選択できる提案です。

これについては、数多くの求人を紹介されることの副作用として受入れる必要があります。逆に言えば、思ってもみなかった求人を知り応募することで新たな可能性が見えることもあるのです。

担当者が強引な場合がある

担当者が強引な場合があるという評判や口コミもあり、それは次のようなものです。

2016/11/8

匿名さん

30歳 男性

現職
コンサルティング/コンサルタント【年収800万】
前職
コンサルティング/コンサルタント【年収650万】

結果は満足だが内定後にやたらとプッシュされた

3

総じてサービスレベルは高かったと感じました。紹介される求人も魅力的なものが多く、キャリアアドバイザーのアドバイスも的確です。

キャリアアドバイザーが言うには、経験を踏まえるともっと条件の良い転職が可能だということで、今よりも規模の大きな同業に転職でき年収も大幅にアップしました。

最終的には4社内定が出て、選考中の企業もありましたが転職活動をストップしました。ただ、やたらと特定の会社をプッシュしてくるので煩わしく感じました。

2017/2/12

匿名さん

26歳 女性

現職
物流/事務職【年収400万】
前職
金融/事務職【年収380万】

平均以上のエージェントだがやたらと応募させたがる

2.3

特別なスキルがある訳ではなかったので、転職が厳しいことは覚悟していました。エージェントが、やたらと数多く応募しましょうと言ってきたので正直ウザいと感じた。

ある程度は応募する必要があるのは分かるが、こちらにも希望があるのでその点は考慮して欲しかった。結局、不信感もあり別のエージェントを使って転職をしました。

紹介される求人やサポートに関しては平均以上だと思いました。

担当者が強引に進めてくるという評判や口コミは、リクルートエージェントに限らず聞きます。
リーマンショック前で転職市場が好調な2008年頃に比べて、そのような評判は減りましたが確かに現在も聞きます。

これは転職エージェントの報酬が、転職者が企業に入社してはじめて発生するからです。つまり転職者を入社させないと一切利益が生まれないのです。

業界最大手のリクルートエージェントは、それなりに利益目標も高いはずなので、それが結果として担当者の強引さにつながるのです。
ただ無理に入社させても企業に返金をする条約も結んでおり、結果として転職エージェントの信頼性を失われるので、目に見えてということは無いはずです。

ただ初めて転職エージェントを利用する人は驚くこともあるでしょう、その場合もビジネスだからと割り切って嫌な求人や内定は断わり、あまりにも強引なら担当を変えてもらうべきです。

サポートが粗い場合がある

連絡が無い、伝達ミスがあるといったサポートが粗い面も評判として存在します。次の内容を確認してください。

2016/12/11

匿名さん

28歳 男性

現職
業務用機器/営業職【年収490万】
前職
専門商社/営業職【年収480万】

良くも悪くも無いがフォローはダメ

2.3

トップのやり方に不信感があり、業績も危うくなってきたため転職を決意しました。友人がエージェントを使って良かったと言っていたので、リクルートエージェントを利用しました。

景気が良くなったとは言え、転職は厳しいものだと思っていたので覚悟はしていましたが、最初に応募した3社のうち2社から内定が出て自分でも驚きました。

今より条件も良く、将来性もある業務用機器の会社に決めました。外回りなので面接を受けるのにも困らなかったので1ヶ月程で転職活動は終了しました。

エージェントに対しては、悪くもないけど友人に聞いていた程ではありませんでした。面談後に求人を紹介されてからは、ほとんど連絡が無かったのでフォローに関しては駄目です。

2017/4/25

加藤さん

31歳 男性

現職
アパレル/店長候補【年収420万】
前職
ホテル/接客【年収450万】

面談以降のサービスレベルに疑問が残る

1.7

仕事はどんどん忙しくなるのに、給料がいっこうに上がらず転職を考えました。実際にエージェントからは厳しいことも言われましたが、逆に信頼できると思いやる気になりました。

ただ面談であれだけ熱弁した割には、以降の連絡やアドバイスの落差にあぜんとしました。質問をしても一週間も返信がなく、返ってきた答えもありきたりな内容でした。

求人は定期的に送られてきたので利用していましたが、ハッキリ言っていい加減だなと思いました。転職は成功し内容にも満足していますが、次回転職時には使うかどうかは分かりません。

このようなサポートの粗さは、担当エージェントの人数と登録者の多さが関係しています。

リクルートエージェントでは、あなたの担当となるエージェントであるキャリアアドバイザーが2015年10月1日時点で約470名います。
さらに各キャリアアドバイザーをサポートし転職者への連絡などを行うアシスタントも多数います。

しかし、それに対してリクルートエージェントを利用する年間登録者数は2015年度実績では41万人です。
登録者全員がすべてキャリア面談や求人に紹介してもらう訳ではありませんが、他の転職エージェントに比べて仕事量が多いのは想像できます。

もちろんエージェント個人によってもサポート力に違いがあるため、リクルートエージェントはすべてサポートが粗いとは言えませんが、そういった場合があるということも理解しておくべきです。

リクルートエージェントの評判からわかる特徴

それではリクルートエージェントの評判や口コミをまとめながら、その特徴をみていきましょう。まず良い評判と悪い評判を比較表にまとめてみましたので、復習として確認してください。

良い評判・口コミ
  • 紹介される求人の数が多く質も高い
  • キャリア面談のレベルが高い
  • 転職を成功させる情報量の多さ
  • 企業に対する交渉力
悪い評判・口コミ
  • 興味の無い求人を紹介される
  • 担当者が強引な場合がある
  • サポートが粗い場合がある

さらに紹介される求人、キャリア面談、転職活動サポートという3つのポイントについて評判や口コミを分析した結果をまとめ、どう利用するべきかの注意点を解説します。

紹介される求人について

まず求人に関しては、数・質ともに他の転職エージェントと比べても最高レベルです。紹介される求人数はもちろん、条件の良い中堅・大手の求人も数多く保有しています。
ただ求人数の多さゆえに、転職者にとって興味が無い求人も紹介される可能性があるため、自身で選択する必要はあります。

キャリア面談について

面談に関してはエージェント個人の差こそあれ、実績や組織力を活かしたノウハウは非常に強力です。転職者のキャリアプランニングだけでなく、紹介される企業の情報や書類・面接など選考に関する情報量も豊富です。
転職活動を導いてくれるため頼りになりますが、積極的になりすぎ時には強引に感じることもあるので、望まないことにはNOといえる姿勢でのぞみましょう。

転職活動サポートについて

転職活動サポートについては、他社に比べて手厚いサポートは期待できない可能性が高いです。そのぶん企業情報や選考情報、面接セミナーなどがあるため、自分から転職活動に必要な情報を集めるのには事欠きません。
ただし年収交渉を始めとした企業に対する交渉力は高いため、上手く利用すれば好条件で転職することも可能です。

押さえておくべき転職エージェント!

評判や口コミを紹介、検証してみてリクルートエージェントは理想の転職をするために必須のエージェントですが、自分から働きかけて上手く利用する必要があるということです。

今よりやりがいのある職務、より高い年収、より規模の大きな会社への転職を実現するには押さえておくべき転職エージェントです。ただ至れり尽くせりのサービスは期待できないので、その点は割り切りましょう。

次のリンクからリクルートエージェントの登録ができますので、ぜひキャリア面談を受けてみましょう。

今すぐリクルートエージェントに登録【無料】