更新 公開
転職エージェント

ITエンジニア向け転職エージェント6選【キャリア別】

「今のままエンジニアとして働いても、将来は管理職になるしか道はないのだろうか?」
「もっとITエンジニアとしてのスキルや経験を活かしたキャリアは無いだろうか?」

世の中にはこのようにキャリアに悩むITエンジニアが数多くいます。
しかし転職エージェントである私からすれば答えは全く違います。

スキルや経験が明確で、技術革新による仕事の広がりが期待できるITエンジニアは戦略的にキャリアを考えれば、やりがいと報酬を得やすい職種だと私は考えます。

ためしにプロの転職エージェントに相談してみてください。
数多くの求人や企業といったキャリアの選択肢に驚くはずです。

さらにキャリアプランが明確になることで目標ができるため、これからどういった技術・スキルを学ぶべきか、そのためにはどのような事を意識して働くべきか見えてくるはずです。

しかし闇雲に転職エージェントを選んではいけません。具体的には次の2つのポイントを満たすエージェントを選ぶべきです。

PointITエンジニアのエージェント選びのポイント

  • ITエンジニアのキャリア支援に実績があるエージェント
  • 自分の望む職種・キャリアに強みをもつエージェント

今回はITエンジニアのキャリア支援に実績があるエージェントの中から、さらに特定の職種やキャリアに強みを持つ6つのエージェントを紹介します。

今すぐ転職を考えている方はもちろん、将来のキャリアに不安を抱えるエンジニアの方も今回紹介するエージェントに一度目指すべきキャリアを相談してみてください。

ITエンジニアのキャリアにおいて、非常に有益な情報や知見が得られるはずです。

ITエンジニアの6つのキャリア

さっそくエージェントを紹介したいところですが、その前にITエンジニアが目指すべき6つのキャリアについて解説しておきます。
まずは、ここで基本的なITエンジニアの目指すキャリアを知っておきましょう。

ITエンジニアの多くは大きく分けると次の6つのキャリアを目指すことができます。
以下に職種名と定義を簡単に表にまとめました。

※スマートフォン等の画面幅が小さい場合に表は横にスクロールできます。

キャリア 定義
ITスペシャリスト アプリケーション、インフラ、データベース、セキュリティなど特定技術分野における専門エンジニア
ITアーキテクト インフラ、ミドルウェア、アプリケーションなどITシステムのアーキテクチャにおいて全体最適化を設計・統制する
PM(プロジェクトマネージャー) プロジェクト計画の立案から、必要人材・資源の確保、予算・納期・品質の責任までプロジェクト全体を管理する
ITコンサルタント 企業戦略の観点からITシステムに関する調査・分析・提案を行うITにおける最上流職種
社内SE ユーザー企業における社内のIT担当としてベンダーコントロール、システム運用・保守、社内サポートを行う
フリーランス 外部のITエンジニアとしてプロジェクトに参加する、ITコンサルとして企業と契約を結ぶなど働き方は多様

引き続きそれぞれの転職やキャリアにおけるトレンドを補足しておきます。

ITスペシャリスト

以前はIT企業のキャリアはエンジニアから管理職という流れが一般的でした。
しかしIT技術の革新が目覚ましい現在、技術ベンチャーやWEB系企業を中心に専門領域のスペシャリストという選択肢も増えてきました。設計のみならずコーディングまで幅広く対応出来る人材です。

技術力のあるIT企業や外資系企業では非常に評価が高く、純粋なエンジニアとして年収1000万以上の報酬を得る方もいます。

管理職ではなく技術を追求したいエンジニアにとっては仕事内容だけでなく報酬含めやりがいのあるキャリアパスと言えます。

ITアーキテクト

最近聞くようになった職種なので範囲や役割があいまいで、かつ職種としての募集も非常に少ないです。企業によってはCTO、上級SE、シニアSEなどと言われる方が以前から担っている役割と言えます。

技術領域を熟知していることが前提なので、先にお伝えした複数領域のITスペシャリストを経験した人がなる場合が多いです。

今の人材市場においては『アプリケーションエンジニア(ITアーキテクト候補)』といった形で求人募集がされることも多いので、最初からITアーキテクトの募集を探すよりもエンジニア募集の中でITアーキテクト的役割の求人を探す方が現実的です。

PM(プロジェクトマネージャー)

エンジニアの第2のキャリアパスとして広く認知されているのがPMです。営業などからPMになる方もいらっしゃいますが、現実的にはPG→SE→PMという流れが多いです。

近年ではIT企業におけるスマホアプリ・ECサイト・オンラインサービス・ソフトウェアといった事業自体がシステムそのものといったビジネスモデルも多いため新規事業責任者=PMという定義の求人も多いです。

その他従来のSIerでのPM募集以外にも、ITコンサルファーム内のPMO支援事業部でも非常に高待遇で募集があります。

実質SEがPL・PMをこなしているプロジェクトも多数あるので、現在SEでも仕事内容や経験によっては即戦力のPL・PMとして採用される可能性もあります。

ITコンサルタント

ITエンジニアの方に人気の職種がこのITコンサルタントです。
企業によって役割も幅広くIT戦略の立案からERPなどの導入、ITデューデリジェンス(M&AなどにおいてIT資産の調査を行うこと)など様々です。

募集はITコンサルタントでも実質仕事内容はSEだったという募集もあるので注意が必要です。

募集企業としてはIT支援まで行うコンサルティングファーム、コンサルティングまで行うSIerの大きく2つになります。
企業戦略を前提としてITに関わるため非常に激務ですが、その分やりがいも大きく報酬も高いのが特徴です。

社内SE

腰を据えてIT担当者として働きたいという要望から応募される方が多い職種ですが、現実にはSIer勤務や駐在型勤務での激務に疲れた方が安定を求めて応募する場合が多いです。

注意点として企業によっては風当たりが強いことも多く、経営者によってはリストラ対象になりやすいです。
しかしIT感度が高い企業では資金も確保されITへの取り組みも積極的なため非常にやりがいのある職種です。
働く企業によって、やりがいや安定性が180度変わる職種とも言えます。

社内SEのキャリアスパンとしてはITアーキテクトやCTOを目指すことになります。今後は日本でも海外同様に独自ITシステムは内製化する動きがあり、ITスペシャリストとしての活躍の場も期待できます。

フリーランス

主に個人事業主として企業のITプロジェクトに参加することが多いです。

近年ではスマホアプリという市場もあるため、ITシステムの開発プロジェクトに参加するのでなく自社サービス開発に注力するという働き方も一つの選択肢になっています。

一度フリーランスで働いた後に再度企業に就職する人もいるためキャリアの可能性も幅広いです。

ひと昔前だと在職中の人間関係で仕事をもらうことが中心でしたが、最近ではフリーランス案件専門エージェントやランサーズなどのクラウドソーシングサービス、スマホアプリ、ブログやSNSツールの発展に伴ってフリーランスで活躍する人が増えてきました。

簡単ではありますがITエンジニアにおける6つのキャリアを解説してきました。
今のあなたが興味を持つキャリアはありましたか?

以降ではこの6つの職種に代表されるキャリアに強みを持つ転職エージェントをそれぞれ紹介します。

ITスペシャリストに強いレバテックキャリア

ITスペシャリストはITエンジニアの中でも最も求人数の多い職種になります。

そのため大手転職エージェントで多くの求人を探すよりもIT技術やプロジェクトに詳しいITエンジニア専門エージェントを利用した方が効果的に理想的なキャリアを探すことが出来ます。

最もおすすめなのがITエンジニア専門エージェントにおいて10年の歴史と実績を持つレバテックキャリアです。

特徴としては担当するキャリアアドバイザーが技術やプロジェクトに詳しいという事です。

その理由として年間3000回の企業訪問においてプロジェクトの最前線であるPM・PL、開発マネージャー、CTOと直接に話をしていることが上げられます。
さらに今まで1200件ものプロジェクトヒアリングで蓄積した情報やノウハウがITエンジニアのキャリアカウンセリングに役立っているのです。

ITスペシャリストを目指すエンジニアに対するキャリアカウンセリングや企業紹介において、技術領域に詳しいことは何より重要な要素です。
ITスペシャリストを目指すなら必ず登録しておくべき転職エージェントです。

ITアーキテクトならリクルートエージェント

ITアーキテクトの募集を行っている企業は具体的には大手IT企業、先進的サービスを提供する企業、技術力に定評のある企業などです。

しかし職種として認知されだしたのはつい最近であり、ITアーキテクトという役割での求人は非常に少ないのが現状です。

そのため最も多くの求人数を保有する業界最大手のリクルートエージェントを利用することをおすすめします。

実際にITエンジニア系の求人も2017年12月4日時点で4万8812件と圧倒的です。ITアーキテクト含め、それに近い求人も数多く保有しています。

加えて取引企業における50%が大手・中堅企業なので、その意味でもITアーキテクト求人が見つかる可能性が最も高いエージェントです。

今すぐリクルートエージェントに登録【無料】

PMならSI求人に強いdodaエージェント

PMについては基本的には一次請け以上の大手・中堅SIerの転職支援実績のあるエージェントを選びましょう。

具体的には大手エージェントでIT専門担当がいるエージェントに絞った方が効果的に求人を探すことができます。
さらに大手エージェントならPMO支援を行うSIerやITコンサルファームの求人も合わせて探せるところもポイントとして上げられます。

おすすめなのは業界第2位の大手転職エージェントであるdodaエージェントサービスです。

dodaエージェントのITエンジニア専門部署は一次請け以上の大手・中堅SIer、大手IT企業、大手ITコンサルファームの求人が豊富です。
加えて担当エージェントの多くがキャリアアドバイザーのグローバル資格である『GCDF』を取得しているため、担当者のレベルが高いです。

転職1回以内の人たちが登録者全体の約83%を占めており、転職初心者向けのサービスであることも特徴の一つです。

ITコンサルなら実績1位のアクシスコンサルティング

ITコンサルタントを目指すならコンサルティング業界に強いエージェントを利用すべきです。
理由としてコンサルティング業界は他業界と違って選考方法や求める人物像など独自性が強い業界だからです。

利用すべきエージェントはコンサルティング業界専門で15年以上の歴史を持つアクシスコンサルティングです。

約3000名の現役コンサルタントと10000名にも及ぶ転職志望者の支援実績を持ち、2014年〜2016年の大手コンサルティングファーム在籍者の転職支援数第1位を誇ります。

さらにITコンサルタントだけでなくITエンジニアの転職支援も専門に行っているためITコンサルタントへの転職を軸に幅広いキャリアサポートも可能なためITコンサルを目指すエンジニアには登録必須のエージェントです。

今すぐアクシスコンサルティングに登録
【無料】

社内SEナビは業界唯一の専門エージェント

社内SEは募集する企業風土やIT部門の社内的位置づけによって、仕事内容のみならず安定性や待遇にも大きな違いがあるため社内SEを熟知した専門のエージェントを合わせて利用しましょう。

社内SEナビはIT専門エージェントでも珍しい、社内SEに専門特化したエージェントです。

社内SE専門のエージェントはここだけなので、社内SEを希望するエンジニアには登録必須のエージェントです。

しかも運営会社はITエンジニア専門で9年以上の実績を持つ企業なので企業との信頼関係は十分です。

自社で腰を落ち着けて仕事がしたい方は【社内SE転職ナビ】へ

フリーランスならNo.1!レバテックフリーランス

フリーランス専門エージェントは今までの転職エージェント少し違います。

具体的にはフリーランスエンジニア向けに企業のプロジェクト案件を紹介してくれるエージェントです。もちろん企業のプロジェクトに参加したフリーランスエンジニアのサポートも行ってくれます。

今現在フリーランスでなくとも自身のスキルや経験を伝えることで、具体的に紹介可能なプロジェクト案件を教えてくれるので将来的にフリーランスになる上での目安にもなります。

おすすめのレバテックフリーランスは実際に3万6700人に選ばれている認知度No.1のフリーランスエージェントです。

案件数も多く担当するエージェントも技術やプロジェクトに詳しいので、ミスマッチが少ないフリーランスエージェントです。

ちなみにITスペシャリストを目指す上で登録必須といったレバテックキャリアも同じ企業が運営しているため、支援実績や企業との関係性という意味でもおすすめです。

もしフリーランスというキャリアを選択肢の一つに考えるなら一度相談してみることをおすすめします。

今すぐレバテックフリーランスに登録【無料】

ITエンジニア向け転職エージェントまとめ

さて目指すキャリア別にエージェントを紹介してきました、何となくでも目指すべきキャリアはイメージできましたか?

もしどれも魅力的で決められない、まだ具体的にキャリアイメージがつかないという方は次の3社をおすすめします。

この3社を選ぶには理由があります。

まずレバテックキャリアはITエンジニアのキャリアを考える上で重要な技術やプロジェクトに詳しいからです。ITエンジニアの転職においては技術やITプロジェクトの理解が何より重要だからです。

加えてレバテックキャリアは相談するなかでフリーランスの興味が出てきた場合に、同じ企業なのでレバテックフリーランスの担当者を紹介してもらえるという利点があります。

リクルートエージェントエージェントについては業界第1位だけあって求人数が圧倒的です。ここで紹介した6キャリアの中でもフリーランス案件以外は全て網羅しています。
つまりすべてのITエンジニアキャリアに対応しつつ、実績No.1のキャリアサポートが受けられるため万能のエージェントだと言えるのです。

アクシスコンサルティングについてはコンサルティング業界専門でありながら、ITエンジニア専門での支援実績も多いです。
実際にITエンジニアからITコンサルという流れは多く、その中で個人の適性によってITスペシャリスト、ITアーキテクト、PMといった上流職種のサポートにも対応しているからです。

これらの理由から迷ったら上記3社に登録しておけばバランス良くITエンジニアのキャリアを相談できるという事です。

技術革新とエンジニア業界の欧米化という流れの中で、ここ数年でITエンジニアのキャリアは大きく変わってくると考えられます。
そうなって慌てて場当たり的なキャリア選択をするのでなく、今から数年先を見据えて転職エージェントに相談することが何より重要になってきます。

今回紹介したエージェントを利用することで、あなたのITエンジニアとしてのキャリアが成功することを祈っています。